記事一覧

今日は午後から横浜にてNPO法人日本ハンディキャップテニス連盟の三宅代表の活動にお邪魔させていただき、障がい者テニス体験をさせていただきました。
三宅さんは40年以上ボランティアで障がい者テニスの普及に携わってこられ、障がい者テニスに人生を注いできた先駆者です。
元々はロケットの開発を目指すなど理系であったことから、「視覚障がいのある方のためのサウンドテニス」や「障がいの有無に関係なくプレーできるスーパーテニス」など障がい特性に配慮したきめ細やかなルール設計を自ら考えて、普及してきました。
僕は今までスポーツのルールを自分で作ることなど考えたこともなかったので、とても勉強になりました。
今後、知的障がい者テニスを広げるにあたりご協力いただけるとのことで、とても心強いです。
ご縁に感謝です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。